【海外移住者インタビュー】結婚を機にバリ島・ウブドへ。紆余曲折の13年間




こんにちは! 旅と仕事を両立するライフスタイルを送っている「恋する旅ライターかおり」です。私は2017年11月、3週間に渡ってバリ島に滞在していました。そこで出会ったのが、ウブドでインドネシア人の旦那さまと暮らす日本人女性のRさん。

ご主人と結婚したことを機にインドネシアに移り住んだというRさんは、なんとバリ島生活13年!

サバサバしていて親しみやすい雰囲気を持つRさんに、バリでの暮らし、働く価値観、ワイルドな生活などなど、気になるトピックを根掘り葉掘り聞いちゃいました。現地にどっぷり浸かっている方のお話なんて、めったに聞けないですよ〜!

一人旅で出会い、遠距離恋愛を経て結婚へ

バリのいたるところで売られている絵画

かおり:Rさんが旦那さんと出会ったキッカケって、なんだったんですか?

Rさん:バリに2週間ぐらい一人旅に来たときに、ひょんなことから主人と出会って、お互い共通の趣味があって交際に発展したんだよね。

かおり:へ〜! 一人旅での出会いって案外多いんだなぁ。Rさんの前にインタビューさせてもらったウブド在住の日本人女性の方も、旅でのナンパがキッカケだったそうです。

Rさん:私は1年ぐらい遠距離してたかなぁ。バリの男性と結婚した日本人女性は、こっちではたくさんいるよ〜。私の夫はバリ生まれではないんだけど、バリ独特の文化や空気感が好きでバリに住んでいたの。

かおり同じインドネシアでも、バリとそれ以外の場所では雰囲気がだいぶ違うと聞きました。私もバリの神秘的なところは大好きです。魅了される人たちの気持ちもわかる!

Rさん:私もバリが育んだ文化が好きだったので、結婚してこっちに移住して来たの。

異国で暮らす「現実」と向き合いつづけた13年間

かおり:移住後は、抵抗なく現地の暮らしに溶け込めたんですか?

Rさん:バリってここにしかない特別なものがたくさんある場所だから、そういった文化に触れられることはすごく良かったよ。ただ、毎日暮らすとなると簡単に乗り越えられないこともあったかな。

かおり:たとえば?

Rさん:私が移住してきた当時は、まだ生活環境も整っていなかったし、売られている食べ物の種類も少なくて、日本よりもずっと不便だったり。小さなことだけど、トイレの床が濡れているのが気になったりね。そんなことがストレスだったな。

あと住環境だけじゃなくて、仕事に対する価値観を受け入れるのも時間がかかったなぁ結婚してからこっちで仕事をはじめたんだけど、こっちの人たちは「納期を守らない」ことが頻繁にあって……。

信頼を大事にする日本では、交わした約束はキッチリ守るのがスタンダードだけど、こっちでは必ずしもそうじゃない。納期を守るよりも、早く現金が手に入ることを優先したりする人もいるし。

かおり:バリに限らず海外では、そういったことがあると聞きます。日本人がマジメすぎるのかもしれないですけどね。



「ウソをつくのは人間だから」

Rさん:でもね、ずっとバリ人の価値観が理解できなくて苦しんでいたけど、13年経った今はバリが大好きになったよ。

かおり:すごいなぁ。どうして、そう思えるようになったんですか?

Rさん:バリの人たちって、すごく人間っぽいじゃない? 時々ウソをつかれることがあっても、腹の底から笑い合ったり、ケンカしたりできるから、人間同士の絆は生まれるし。

かおり:あ〜、日本人ってホントの本音って言わなかったりしますよね。

Rさん日本人の細やかな配慮はステキだと思う。ただ、時に自分の欲望を優先することは必ずしも悪ではないのかなって。

かおり:はい、お互いに許し合える関係が築けたら、すごくいい気がします。でも、観光客の私からすると、バリの人たちはみんなフレンドリーで温かかったです。笑顔もかわいかったな。

ヘビ・オオトカゲ・ネズミ……ワイルドすぎるウブド生活

ウブドの有名観光スポット「モンキーフォレスト」の森林

かおり:私、今回の旅でバリが大好きになりました。でも唯一、虫や爬虫類とたくさん遭遇したことだけが苦い思い出で……(笑)。暮らしていると、その辺ってどうですか?

Rさんうちには、ヤモリが100匹ぐらいいるよ。うちは川とか田んぼとか自然に囲まれているんだけど、近くにオオトカゲも住んでる。

かおり:ヒエッ! オオトカゲはまだ遭遇してないですね。

Rさんこっちの人はオオトカゲも食べるんだよ(笑)。でも、オオトカゲってよく見ると案外かわいく見えたりするんだよね。

かおり:オオトカゲは人を襲わないとは聞きましたが……想像しただけでゾッとする〜!

Rさん:あと、時々部屋のなかにネズミがいたり、庭にヘビがいたり。ネズミやヘビとはできれば遭遇したくないから、頻繁に庭の木は手入れしてるよ。

かおり:ワイルドだ〜!! 自然の生き物と共存するのがウブドの暮らしなんですね。

バリ島から船で30分で到着する「レンボンガン島」

今回バリ島に3週間滞在したこと、そのなかで数人の日本人移住者の方にお話を伺ったことで、「海外移住のリアル」を肌で感じられた気がします。

生まれ育った国の空気や習慣が染み付いている私たちは、異国に身を置いたときに違和感があるのが当たり前。でも、時間をかけて向き合っていくと、感じ方は確実に変わっていくのだと思います。

10数年バリで過ごすなかで、バリが大好きになったというRさんのエピソードは重みがあり、お話を伺うことができて本当によかったです。私にとっても、新たな気づきになりました。




ABOUTこの記事をかいた人

1981年、埼玉県生まれ。2014年ライターデビュー。WEBメディアを中心に、【働き方、ライフスタイル、旅、恋愛、スポーツ】など幅広く執筆。 東京を拠点に、ときどき国内外を旅しながら旅と仕事を両立しています。2017年はトータル90日間、旅をしていました。 ブログや執筆記事の更新は、Facebookにて(フォロー大歓迎!!)、日常や旅写真は、Instagramにてお知らせ♡