インスタ女子のみなさまへ♡セブ島でマーメイドになれば確実に盛れる




どうも〜♪ 12/2に日本に帰国してから、妹宅→都内ゲストハウスと居場所を転々としています。(なぜなら家がないから)日本にいるのに旅が終わってないみたいw

さて、今回はセブ島留学中に体験した「マーメイドフォト」について。セブで出会ったフォトグラファーの田中真柚子さんに教えてもらったこのマーメイド体験は、確実にインスタ映えを狙えます。盛れます。

ゆるんだ身体のまま撮影に臨んでしまったため、ものすごく恥ずかしいですが、せっかく体験してきたので写真も含めて体験談をさらします!

「ウォーターフロント セブ シティ ホテル」に行こう

マーメイド体験ができるのは、セブ島の中心地にある「Waterfront Cebu City Hotel & Casino(ウォーターフロント セブ シティ ホテル & カジノ)」。お城みたいな広々したホテルです。

こちらには宿泊客以外も使用できる大きなプールがあります。めっちゃキレイ〜! この日はお天気に恵まれ絶好の撮影日和。野外なので、お天気はめちゃくちゃ重要なんですよね。

このホテルは飲食店などが集まる有名スポット「ITパーク」の入り口の向かいにあります。とにかくデカいので絶対にわかるはず。タクシーの運転手さんも知らない人はいないでしょう。

<地図はこちら>

お好みのマーメイド衣装に着替えよう

私はあらかじめ撮影の予約を入れておいたので、プールの入り口でインストラクターさんが待っていてくれました。とっても陽気なフィリピン人男性です。プールの敷地に入ると、さらに2人のインストラクターさんがやってきて3名体制に(笑)

みんなノリッノリ。彼らに限らず、フィリピンの人たちってやたらと陽気なんですよね。カトリックの影響かもしれませんが、ツラいことでも笑顔で乗り越える価値観があるのだそう。こういうところ、すごくいいですよね〜♪

さっそく好みの衣装を選び、水着の上から着替えます。と言っても、あんまり種類はありませんでした。もうちょっといろんな種類があったらいいのにな〜。しかもところどころ擦り切れてるし。まぁ、遠目で見ればわからないですけどね。

私はブルーとピンクが混ざったようなこちらの色に決定。着替えは座った状態で、インストラクターさんに手伝ってもらいながら行います。ヒレの部分にはビート板みたいなものを入れているので、立った状態では履けないんですよね。

今回私がチョイスしたのは、持参したカメラでインストラクターさんが撮影してくれるプログラム。こちらは、衣装レンタル料 1,500ペソ(約3,300円)とデポジット 500ペソ(約1,100円)で体験ができます。衣装の破損などがなければデポジットは体験後に返却されるため、実質の費用は3,300円ほど。

撮影が終了したあとプールを使いたければ、プラス500ペソで時間制限なく使えます。

その他に、プロのカメラマンが撮影してくれるプログラムもありますよ。オプショナルツアーのタビタツさんが提供しているツアーで、クオリティの高い写真を残したい人は断然こちらがオススメ。インストラクターさんは一生懸命に撮影してくれるものの、決して腕は良くありません。

モデルになった気分でポーズを取ろう

今回、私は1人で撮影したため、プールに遊びに来ていたお客さんの視線を独り占めw 正直めちゃくちゃ恥ずかしいです。子どもたちは、こっち見て笑ってるし😂 頭にはその辺に咲いてたお花を付けてくれました。

でも、ここまできたら恥ずかしがってるわけにもいきません。ノリノリでカメラを構えるインストラクターさんたちの要望を120%で受け止め、ポーズを取ります。とはいえ、要求されたマリリン・モンローみたいな表情はさすがにできなかった…笑

視線のない横顔や後ろ向きなども撮ってもらいました。なんだこの、アイドルみたいな構図w かれこれ40分ぐらい撮影していたかなぁ。日差しが強いので日焼け止めは必須です。

プロカメラマンじゃないから、ポージングの指示は手慣れていても光の調整がうまくないのが残念なところ。顔にめっちゃ日光が当たってるしw

「どや〜!! これぞフォトジェニック!」と言いたかったのですが、なんとなく色味が暗かったり、おしい仕上がりのものばかり。

満足できた写真は、サムネイルに使ったこれ1枚ぐらいかなぁ。でもインスタにUPするなら、加工でキレイに見せられるかもしれないですね。

気軽に体験したい方は、インストラクターさんの撮影でも十分楽しめると思います。事前に撮りたいポーズを下調べしておくといいですよ♪

マーメイドになる前に身体を絞っておくとベスト

インストラクターさんは、ものすごい枚数の写真を撮影してくれたのですが、世に出せるのはほんの10枚ちょっとでした。

なぜなら、お腹や背中がたるんでいて、とても見せられなかったから( ;∀;) 撮影中はひたすらお腹を引っ込めていたんですが、それでもポーズによっては、たるみが隠しきれませんでした。うぅ、残念すぎる。

私は急きょ撮影を決めたこともあり間に合いませんでしたが、これからマーメイドになるみなさんは、ぜひ理想のボディラインに近づけて撮影に臨むことをオススメします!

マーメイドの衣装はピタッと身体に密着しているので、体型を隠すのが難しいんですよねぇ。まぁ最悪、手でお腹を隠すとか、お腹を見せないポーズで統一するとか、やりようはありますが。

いくつかの後悔はありつつも、今回マーメイド体験ができて本当によかったなぁと思います。この先の人生でもうマーメイドになれることなんて、二度とないかもしれないですからね。

インストラクター撮影の予約方法

マーメイド体験は予約が必要です。事前に、公式HPに掲載されている以下のアドレスまたは電話番号へ連絡のうえ、予約を取ってくださいね。

◉メールアドレス
pmsacebu@gmail.com

◉電話番号① +63 917 669 5064
◉電話番号② +63 916 382 87 40
※英語対応のみ。

<費用>
衣装レンタル・撮影料:1,500ペソ(約3,300円)
デポジット:500ペソ(約1,100円)
※衣装の破損などがなければ、デポジットは返却されます。

ぜひ、一生の思い出に残るとっておきのフォトジェニック写真を撮影してくださいね〜♡




ABOUTこの記事をかいた人

1981年、埼玉県生まれ。2014年ライターデビュー。WEBメディアを中心に、【働き方、ライフスタイル、旅、恋愛、スポーツ】など幅広く執筆。 東京を拠点に、ときどき国内外を旅しながら旅と仕事を両立しています。2017年はトータル90日間、旅をしていました。 ブログや執筆記事の更新は、Facebookにて(フォロー大歓迎!!)、日常や旅写真は、Instagramにてお知らせ♡